スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化対策にまずすべき事は?。

まずばら撒き予算を即刻やめて、本当に意味のある政策を実行すること。

小児科医、産婦人科医を守る事。

それだけで、子供は増えると私は思います。
ひとり、1ヶ月5000円程度貰えたからって、子供を産む動機になるはずがないし、そもそもその程度のお金、家計が苦しい家庭には、確実に知らない間に育児以外に流用されます。

日本人の中絶を禁止したら、、、
年間20万人以上増えるそうです。。。幸せな子供かどうかは保証は持てませんが。。。もちろんこの数は闇で殺された命をカウントしていません。。。

世帯所得を世帯頭数で割ってそれに税金をかけるのはかなり平等な案だと私も思います。年収3000万でも子供4人なら1人あたり年収500万(×6人)家庭になりますね。もちろん、幼児も税金払う事になりますがw。

子供欲しくても出来ない家庭はどうするの、、、って話が出てきますが、、、。

もっと幼稚園、保育園をという声は、いまだに実現しません。

大阪では公立高校の入学金5000円程度を払えない家庭が多いです。いや、それが本当ならその家庭は餓死しているわけで、払えても払わない家庭が多いわけで。そんな家庭が子供一人当たり毎月5000円国から貰って子供のために有効に使っていると思いますか?。

小児科医、産婦人科医の待遇をどうこうとか、夜間救急の充実をとか、そういうことは私が言ってもどうにもならないので。せめて、理不尽な苦情を命を削って仕事をしているそれらの医者に浴びせかけ燃え尽きさせてしまう子供の親を一手に引き受ける窓口を設けて欲しい。成り手が少ないのだから、せめて医者の仕事だけに専念できる環境を作る事、そのことの方が手っ取り早く意味のある事だと。

本当に子供の親は怖い。
こんな事なら診なければ良かったと思うことなどいくらでもある。
そういう親をとにかく何とかして欲しい。

適当にズラズラ並べたので支離滅裂。まぁ。許せ。年末何かと忙しいのだw。

最後に。
コメントレス遅れるけど、スマン!です。
記事更新優先させてます。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/743-6c0945e3

人口減少・少子化について思うこと
出生数 106万7000人(前年より4万4000人減少)死亡者数 107万7000人総人口 1億2775万7000人(前年より2万人減少)出生率 1.26人口が減

コメント

世界的に見れば人工は増加し続けているのですから、少子化って良いことなのかもしれないって思います。常に拡大しなければならないというのは実は幻想なのかもしれない。
同感です。
いつも拝見させてもらってます。
筋の通った内容にうなずかされることばかりです。

わたしは精神科の医者なのですが、自分の家族を診てもらってるのに、感謝のひとかけらもなく、筋の通らぬ要求やいいがかりをつける家族は多いです。
患者さんは診たくても、家族がややこしいと早くお引取りねがいたいです。けんかになることもよくあります。
産婦人科医の友人も、訴訟にいつもおびえています。あんなに当直が多いと、人間、何かしくじってしまいますよ。
今、彼女は橋本病になって一休みしてしてますが。

小児科医にも頭が下がるおもいです。
報われない苦労の連続だと思います。
世の中に、「してもらって当たり前」という風潮が蔓延してきてるようで、どうなっちゃうんだろうと不安に思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。