スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦や親子の関係って

最近運転室に我が子を入れたまま電車を運行した運転手が解雇されましたね。
何もそこまでという反響が大きかったようですが、私もこの措置には納得します。
子供が泣くくらいなんですか。鬼になってどやしつけるくらいの事が出来ない、やってはいけないことはダメだと教える事をどうしてやらないのかと。
(確か安全第一を誇りにしている会社だった思うので、規則違反は解雇という重い処分になったのかと。)
(このニュースに関してはここまでとします。書けばいくらでもあるけれど)

NHKの番組で親が子とのコミュニケーションをどうやってとればいいかわからないというような番組を見ました。
親も非常に熱心にネットで育児の講義を受けたり、専門書を読んで子供に指導したりと。
非常に育児を熱心に勉強している親がいることを知りました。
てか。。。
自分の子供を自分の好きなように育てて何が悪いのでしょうか。
もちろん、人様の迷惑になってはいけませんが。
育児書やお偉い人の講義を聴くくらいなら、目の前に最高の教材がある事に気づいて欲しいなと。
そう、自分の子供です。それとも有名お受験校受験生のように、返事の受け答えもお絵かきも体の動かし方までマニュアルどおりで皆同じのロボット優等生を作りたいのでしょうか。多分、熱心な親はそうではないと感じるのです。そこまで育児に思いつめなくても子供は勝手に親の良い所や悪い所を見て育っていくと思うのですが、親は自分がしっかりと教育してあげなくては子供がだめになると思い入れすぎなんでしょうね。

親子であっても対等な関係を、、、とかいう教育論者がいますが、子供にとって親は絶対の存在でいいと私は思うのですね。
親以外のどんな他人よりも親の言っていることは正しいと。
逆にどんなに間違っていると他人から言われようが、自分の子供は親が守るという信念も一方で必要だと。

それが行き過ぎると、クレーム保護者になってしまいそうですが、子供を溺愛することと、バカに育てることとは全く違うのだと。自分の子供さえ良ければいい、というか、自分の子供は必ず正しいと教育してしまっている親も多くなってきたように思います。

で、そんなことよりも、家庭の妻が旦那に対して気を使わなくてはいけない家庭って多いのですね。
夫婦で気を使わなくてはいけないくらいなら結婚しなければ良かったのにと思うのですが。
主人とその従属物という関係というか、よくもまぁそんな旦那の言うがまま気の向くままで家庭が崩壊しないものだとw。
人間関係ってとても難しいですが、せめて家庭内だけは結束かつ居心地の良いものであって欲しいなと。

一つだけ、私の家の暗黙の決まりごと、教えます。
一方の親が怒った時、もう一方の親は決して怒らずわかりやすく言葉で諭す事。
コレは大事だと思います。子供に抜け道を作っておいて上げる事。育児なんてこれさえ守っていればなんとかなりますって。

しかし、、、育児は大変だw。言うこと全然聞かねぇ、、、コイツラw。
憎らしいけど、かわいいんだなぁしかしw。
もし子供を持つかどうか悩んでいる夫婦がいたら断言します。
育児はきついです。子供なんていなければと思うことなんていつもです。でも、子供は本当にありがたい存在です。
適当に育てても、そこそこ育つものですw。だから産んで育てましょう。人生変わりますよ~w。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/709-77a86cd0

子育て再考~間違ったアメリカ式の子育て~
こんばんは~、やまずんです★★★いつも職場の受付にお花を飾っているのですが、今週のお花は、なんと!!桜と秋桜(コスモス)!(※桜は、『寒桜』といって、読んで字の如く、寒い時にさく桜だそうです)すっごく、綺麗ですよ~*^o^*♪さて今日は、今までの子育てに...

コメント

逆のケースも・・・
おはようございます

東武鉄道の処分等、ほぼ全面的に賛成ですが、部分的に反応させて頂きます(*^^)v

「家庭の妻が旦那に対して気を使わなくてはいけない家庭って多いのですね」、の逆のケースもけっこう有るかと思います。
私自身が逆のケースの体験者ですし、周辺にも何人かいます。たぶん、比率は同じかと存じます。

育児関連のご意見は、全くその通りで、子育てなんか「試行錯誤」で我が子と向き合って進めるものだから、マニュアルを求めるような(アホな)人間には子供を産んで欲しくない、とさえ思います。人は「自分が通ってきた道」を忘れてしまうものなんですね。
確か東武はATS(でしたっけ)でもすべて最新のものだとか乗客の安全のためなら多少の遅れは可能とか、安全第一、お客様第一という会社だったような記憶が。

さて、、、
個人的には、かかぁ天下な家庭のほうがうまくいくような気がするのですね。もちろん共働きだと話は違いますが。家庭が安定してこそダンナは外で戦えるとw。まぁ、、、恐妻に怯えるダンナ様、、、さとひろ様ちょっと強そうですもんねぇw。

このテレビで思ったのは、そんなに子供と接するのに難しく考えている親が多いんだなって。育児書やマニュアルを熱心に勉強する親は、すごいと思うんですね。適当でイイヤン、、、で済ませられないというか。子供に対する愛情は分かるのですが、そんな事に時間を使うなら、もっと子供と話して遊べばいいのにと。まぁ、、、自分も一人目と二人目では育て方が違いますからねぇ。最初はダッコするのもこわごわでしたからw。こういうヒトはアホだと言いたかったのではなくて、、、。難しく考えすぎですよねぇ。きっとすごくいい親なんですよ~。
あ、そうそう。
早く、ぷーさんのブログにコメント付けられるようにならないかなと思っている読者の一人ですw。

海外の方の都合が悪くなると英語や日本語が急に不得意になるのはよく遭遇しますねぇw。特にお金や約束とか。ああ、そうそうとw。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。