スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな患者はやっぱりイヤだ

私は糖尿という病気が大嫌いだ。
もちろんそんなことを言い始めれば、肺癌も心筋梗塞も嫌いになるのだけれど。

駄作なので続きを読むへw。
患者が自分の勝手にすき放題をした結果が、糖尿病による失明だったり、腎不全だったりするわけで、さらに、腎不全になると透析という治療を受ける事になる。

もともと我がままで医者の言う事を聞かなかった患者の何人かは、非常に自分勝手だ。

今日は甘いものを食べたいから、インスリンを多く打っておこう。
透析前にカリウムの多い食品を食べよう。

そんな、患者に限って、俺は患者様だぞという態度だったりする。

自分の患者でなければ(自分の患者かどうかというのは医者にとってとても重要なポイントだと私は思う、昔それについて書こうと思ったが、文章がまとまらなかった覚えがw)こんな人早く死ねばいいのにと思いかねないなぁと。

だって、透析になると、、、(言い過ぎになるので言えない、私の批判しているのはあくまで自己管理が全くできずに透析になった人を指すもので、透析患者さんを批判しているのでは決してない)自主規制。

老人医療費が高いという。
そのかなりの割合が死ぬ前の2週間の治療に使われていると知ったらどう思います?。
老衰や末期症状で自然な形で死ぬ場合以外、人が死にかければもちろん治療をする。
ただ、、、もちろん、最初は回復を願って医療費は費やされるのだけれど、医者を何年もやっていれば、もう無理だというのはわかる。でも、治療は続けられるかもしくはさらに過剰になることもある。やはり、絶対死ぬ人にかけている医療費は多い。でも、死ぬからといってその時期の医療費は自己負担なんて議論をすると、、、怒り噴出間違いない。

はっきりといって、無駄な治療や医療行為はいくらでもある。
医学的には。
ただ、死ぬまでは尊厳のある人間だから、それに答える形で治療をするのだけれど。

医者が言ってはならないと、読者の方にコメントをいただき、書くのに相当の抵抗があるのだけれど、やっぱ書けないけど。

治療を受けなくては死んでしまうのに、自分の命は自分のものだから好きなようにやりたいという患者を見ると、好きなようにやってくれるのはいいから、医療受けるなよ、、、と。酒がやめられないけど心配ない、通風の薬飲んでるから、とか、コレステロールの薬を飲みながら肉肉肉とか。

自分の健康に対して、努力しない、医者の助言を聞かない、そういう患者には医療を受けさせなくてもいいのではないのかと本気で思ってしまう。いつ死んでもいいなんていいながら死にそうになるとなんとしてでも助けろとか。

はたまた家族の都合だけで延命をしているような(と書くとそれも必要と思われるかもしれないけれど、実際にはひどい話もある、書けないけれど)意識もない患者さんとかを見ると、見舞いに誰も来ないのに、死んだら沢山の人が集まる家族?を見ると。

自分の好き勝手をする人には医療提供を拒否できるようなシステムを作れば、、、。因果関係の強いことをやってかかった病気は自己責任、医療費全額私費、出せない人はどうぞお望みどおり医療を受けずに死んでください。そんなこと言ったら、怒り心頭な人続出だろうなぁw。決して間違っていないと思うけど。何度も根気強く説明し治療を受けていただくのは医者の使命のひとつだけれど、非協力的な人に苦労して説得する時間があれば、頑張って自分の病気と闘う人の力になるための時間を割くほうがよほど有意義だし、医者としてもやりがいがある。

ほとんど自主規制でなんのことかわからない文章になった。失敗作。折角書いたし、そのまま投稿。ああ、とんでもない駄作。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/705-6542ffb7

コメント

だから、なこまゆ先生のファン(^^♪
おはようございます

お医者様として、ではなく、人間としての本音だと思います。「キレイごと」を並べる立派な?先生など誰が信用するものですか!(*^^)v

医師であっても「死んじまえ!」と思える患者がいても当然です。それは、自分の仕事に対する真摯な使命感、責任感という裏付けがあればこそ、の話だと思いますし。

今日の記事、「駄作」とは思いませんよ、本当に。「真理」なんだと思います。ちなみに、私は末期(まつご)になっても「何とか助けて!」などとは決して言わない・・・つもり、です^_^;
こんな患者はやっぱり嫌??
先生が書いた診断書を勝手に読んでしまう患者さんってやっぱり嫌ですよね??
私は精神科での出来事ですが、まだ学生だった頃,学校用に書いていただいたのですが、なんだか不安で読んでしまって。学校から報告がいってしまいばれてしまい…。
すごいよい先生なので今でも申し訳ないという思いでいっぱいです。
そういう患者さんってよくいますか?
ひとつ注釈なのですが。。。
あくまで一般論や医師会で議論されている一見平等に見える国民皆保険制度の限界という意味で、、、何難しいこと言ってるんだろうw。

要するにですね、、、自分の患者のため、自分の病院のためには、自分の信念とは全くかけ離れたことを当たり前のようにやっていたりするわけですね。それで、自分を責めるかといえば、やはり自分の患者は可愛いのですね。だからどんなに言う事聞かない人でも出来るだけわがままを聞いてあげたいのですね。また制度上もそういうことが許されているわけで、、、無駄と思える治療でもどんどんとやってあげているわけでしてねぇ。。。はぁ。。。
紹介状を勝手に読まれても、基本的に医学的な申し送り事項を書いてあるだけなので(言葉どおりどんな患者さんかを紹介している書類なので)見られたとしても問題はないのですがw。

ただ、精神科となると、患者と医師との信頼関係が重要ですから、本人へ説明している内容と患者の病体について医者同士で交わす内容とが必ずしも一致しない場合もあるかもです。う~んと、、、。

見てしまった事に関しては、医者は全然気にしないと思いますので、アナタも気にする必要はないと思いますヨゥ。見ちゃいましたテヘ^^;って笑って済ませてくださいませw。

人間って、封をしてある書類は見たくなるものです。大学受験時の高校の内申書とかw。まぁ、、、見てしまってあまりいい気がしないのはどんな人にもあることですし、ホント、気にしなくていいと思いますよ~。
なかなかにやっかいな病気ですし、進行が早い方の場合は苦しいかと思います。治療を受けても劇的に治らない場合も多く、患者さん本人にとって治療すら苦しいことと思います。医学的に家族にとっては今が一番辛い時期だと思いますがなんとか力になれるよう努めるしかないのかもです。その時期を乗り切ることが出来れば精神的に安定する時期が来るとおもいますのでそれまでなんとか。。。

医療は難しいです。医者にとってもかんじゃにとっても家族にとっても。

PS:薬に関しては一部の施設では使用できるところもあろのですが、扱いにくく効果も安定しないため、なにより疾患が難しいため、なかなか他の病院への転院なども難しいかもしれません。家族さんも踏ん張ってなんとか力になってあげてくださいね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。