スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費削減計画

いや、ただ、ひたすら単純に、実際に治療に使われた医療費を個人のカードに記録していけるようにしたらいいのになと。
それなら、無料だからとわざわざ夜間に連れてくる小児科の親だとか、医者の言う事も聞かずに薬で治そうと思っている人だとか、金を払って客なんだから丁寧に扱えとのたまう人だとか、まぁ、、、他にも。

ガンガン増えていく金額をみたら、ちょっとは健康に気をつけようかなと思う人も出てくるだろうし、今日は点滴やめとこうかなという人も出るだろうし、夜間や救急は高いからどうせ暇なんだから病院の空いている時間に行こうとか、、、。

そうそう、、、健康な期間によってポイントが減ったりとかw。
超健康優良者には国から表彰とか。

って、、、表彰受けたくて病院行かない人が出たり、真面目に治療しているのに治らない人が負い目を感じたりするよね。
う~ん、、、ダメだこの案。

まぁ、、、健康保険ちょろまかして20億円近く横領した人もいるからw。
医療には金かかってるんだよってことと、支払い金額上げたからって弱いものいじめしてるんじゃないんだよってことを伝えたいだけなんだけどなぁ。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/663-d100a136

コメント

初めまして。。
>超健康優良者には国から表彰とか。
これは良い安です。
薬業界も何んとかなりませんかねぇ…。
薬事審査会(といった感じの組織)ありますよね。それも問題なら日本の製薬会社の再編(海外の会社と比べ力が弱すぎる)もそれなりと問題があるのかもですね。

日本は戦後貧しくて、診療費を抑える代わりに薬価差益で儲けてねということだったらしいので、どうしても医者や製薬会社があくどく儲けているとおもわれてしまうのだとか。

とりあえずこんなとこです。コメントレス内容ずれてるなぁw。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。