スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新党

行き場がないのはよくわかるけれど、節操ないですね。

さて、今度こそ民主党入れるぞ、、、という気合を大きくそがれるドンくさい民主党策略をよそに、自民は反対票を入れた選挙区にすべて対立候補を立てちゃいましたね。今のところ、本当に郵政解散で民意を問う選挙になってしまいそうです。

では、自民党へ投票をするか、、、というと、、、

例えば、地元密着元自民候補と反対勢力つぶし新人(あんた誰よ、この選挙区で何やってくれるのよ)自民公認候補とならならどちらに入れればいいのでしょうか。

共産党に期待は持てないし。
社民党は、、、まだあったの?ですし。

自民か、反自民か、それとも民主か。

新人に何の政策も理念もないのに立候補とよく言うけれど、じゃぁ今までの政治化の公約は守られているの、それより公約を果たそうと何か活動したの、というと、言うだけで、当選してしまえば国民ではなく自分のために大活躍の議員さんがいかに多いことか。

てめえら、選挙勝ってから一度でも選挙区の国民に頭下げたことあるか?。

選挙の時だけですよね。

首相自ら、説明なしのワンフレーズなんだし。

さて、それでも誰かに一票を託さなければいけない国政選挙。
無党派層、浮動票が政局を大きく左右するような国になればこの国は変わると思うんだけれど、行かないよね、みんな。どうして行かないんだろうね。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/623-6a9a19c9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。