スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教と医療現場

入院したときにまず患者さんが書くものありますよね。なんていうんだっけw。
そこに習慣とか、特に知っておいてもらいたいこととか、宗教とかありますよね。
あれ、ほんとにあるんなら、しっかり書いておいてくださいね。
配慮しますからw。
特に宗教なんかは意外と簡単なようで難しいのです。
食事に関係がある(宗教上、食べてはいけないものがある)、輸血してはいけない。
中絶してはいけない、などなどw。

輸血してはいけない宗教の方の手術はもう大変ですよ。
同意書、念書などなど。
実際、手術中、大量出血があり、医師の判断で輸血拒否の方に輸血を行い、一命は取り留めた
もののあとで裁判に訴えられて、敗訴したという事例もあるくらいですからね。

宗教は信じている方にとっては自分の命!!よりも非常に大切なときもありますからね。

他には、選挙とかがからむ宗教もありますよね。
今にも亡くなりそうなのに、外出願いが出て、理由を聞くと、選挙で一票を行使するためだ
とかで、、、。寝たきりであろうが自分で投票できる人なら担架ででも連れて行くという話は
本当か嘘か知りませんが、、、。まあ、選挙にも宗教にもそれぞれその人の人生かかってます
からね、可能な限りの方法を説明しますけどね。


この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/158-5524194e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。