スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼っているの?

入院やらで、いわゆる謝礼を渡すかどうか、悩まれる方も多いかと思います。
結論からいけば、不要です。それで医療の質が変わることは全くありませんので。
もし、まわりくどく袖の下を求めるようなことを言ってくるスタッフのいる病院なら
治療の質に、あまり期待しない方がいいような気がします。

さて、それでも払っておきたいというあなた。
何を求めるかで渡す時期が変わることを言っておきます。
あくまで私の意見ですがね。

1、できるだけいい治療をしてもらいたいということを期待する場合
もちろんお金を渡しても変わらない(そうあってほしい)のですが、これを期待するなら
当然、治療や手術の前に渡すべきです。効果としては、主治医や先生が一日1回
くらい他の患者さんよりも多く顔を見にきてくれますw。なお、直接関係のない上の人
(教授とかね)に渡しても全く意味ないと思います。(もらいなれてるし?)
直接の主治医と執刀医、婦長(看護系はお菓子などの方がいい?)などに渡しましょう。
ちなみに内科はベテランもいいとは思いますが、外科は30後半から40台の油の乗った
バリバリの人がいいですよ、絶対。まあ、理由は、、、年取ると眼も腕も判断も鈍りますから

2、入院中の感謝の気持ちをこめる場合
退院が決まってから退院の数日前くらいに渡しましょう。
できれば、お金だけでなくお手紙を(簡単でいいですので)添えていただくと、より嬉しいです。
結構お手紙で改めて御礼を言われると、結構やる気がでます。

まあ、見返りを求めたいときは、早めにってことですね。
重ね重ねいいますが、それで医療が変わることは決してありませんので。

なお、国公立の病院では医者も公務員のため、この行為は贈収賄罪になりますので、、、。
さらには、このお金を収入として申告する人はまずいないため、税金のかからない収入になります。

まあ、本音をいえば、もらえると嬉しいですけどね。
結構医学の本(激高!)とか、なにか勉強のために使わせて戴いてます。私の場合は。

ただねえ、これが結構もらう人ともらえない人の額の差が激しかったりするんだなあ。
私は、あんまりもらえない人だったりしますね。
あなた、お金要らなさそうな雰囲気だもんねとか、同僚に言われたりしてw。そうかあ?
滅多に1万円超える服着てないぞw。(とっておきの服はもちろんありますよ、着ないけど)

バブルの頃はなんだか凄かったとか、昔の外科の先生は凄かったとかいろいろ、、、。
同期の最高額は(もちろん一回分)50万!!先輩は100万!!!!!
とかあるそうな。ともに退院間際で、ちょっと分厚いから商品券かなあと思いきや
現生だったらしくしばらく神棚に飾ってたっていってましたw。

いらないんですよ、、、いらないんですけど、、、やっぱり欲しいなあ。
ちなみに私は最高3万円w。

1万円のものを買うのにもかなり考える私に誰か愛の手をw。(ウソウソ、いらないですよ)

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/156-328734ed

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。