スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植医療について

はじめに!!。こちらの日記は内容的に、、、な為、一日ずつ読む形になっています。
続けて読む方は面倒ですが、ひとつひとつ切り替えてくださいませw。
では、7月最初の話題です。

最近よく移植(臓器移植など)の話を耳にすると思いますが、皆さんどう思われます?。
それで助かるならすればいい。まあ、そうですね。

移植の臓器にもいろいろです。
再生能力の強い肝臓などは、比較的うまくいきますよね。
心臓はよく小児で、海外に行って移植したって報道されますね。
骨髄はよく骨髄バンクのCM流れてますよね。
腎臓はとりあえずひとつでも機能するので、透析もしなくてよくなるしね。
輸血なんかも実は移植ですよね。
角膜、骨(耳)、うーん他何かあったっけ?

さて、どう思われますか。
まあ、あまり私の意見は敢えて書きませんが。
私も医者としての意見と、実際の移植を必要とする患者の主治医としての意見と、
私が病気になったらどうするかという意見と、家族が必要としたらどうするかという意見と、
私個人の医者としてでない、一般人しての意見があります。

かなりそれぞれの意見は異なっており、全く正反対のこともあります。
医者として、移植医療を実際にしたこともありますし、支えたこともあります。

一度、皆さんもドナーカードをみかけたら、ちょっとだけ考えてみてくださいね。

最後に医療人は全員献体と脳死臓器提供をすべきです。
それが、理想ですが、日本人的宗教と感覚ではどうでしょう。
体の温かい人を死んだと割り切れますか?
火葬にする前に遺体が切り刻まれるのに耐えられますか?
自分の子供の体を悲しみの絶頂の時に他人に提供する話ができますか?
自分の臓器を家族だから提供しろという無言のプレッシャーに勝てますか?
自分の臓器を提供したのに死んでしまったら、自分の臓器が悪かったからだ等と自分を責めずにいられますか?
臓器移植にかなりの医療費がかかることに理解を示せますか?

いろいろなものが解決出来ていないのに、どんどん移植すれば助かるから、その技術水準が十分だから、他理由をつけて、どんどん突き進んでますね。

最後に、移植した人が元気で退院していって、たまに外来とかで出会って、先生のお蔭で元気でやってます(いえいえ頑張ったあなたがすごいのよ)とか、仕事始めたんですよとか、話してくれると移植して(出来て)よかったなあと、心から医療と魂と精神に感謝しますけどね。

なーーーんて7月初めの日記なので真面目に長文書いてみました。
どうでした?
まあ、これからもぼちぼち書いていきます。
ところで、読者の皆さんなんかネタないw?

PS
  初めてこの日記よんでくださる方へ。
  3月から書いてますのでよろしかったらはじめから読んでくださいね。
特徴
  真面目な医療サイトは沢山ありますので、面白いかなあって内容しか書いてません。
  病棟日記みたいなのも他に沢山あるので書きません。
  日記じゃなくて毎日更新の医療ネタです。
  真剣な相談は、、、しないでくださいね。
  気が向いたら判る範囲で答えるけどね。


この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/155-adf5b088

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。