スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来で話の長い人って

外来で話の長い人、いますよね。

娘の孫が風邪をひいて、、、かかり付けの皮膚科医が何も説明してくれないから、、、旅行にいったんだけど、、、マンション買ったのに隣の人がうるさくて、、、バナナは食べちゃダメっていわれたけどりんごはいいのか、、、薬が多くて整形の薬は飲んでないのよ、、、とかとか

一応医業はサービス業ですから笑顔で答えてますが、こちらの質問には答えず一方的に話す人、どうしたらいいんでしょうか。最近は慣れて来たのでそういう患者さんもうまくこなせるようになりましたが、初めて外来やった頃はもう大変でした。
もちろん、診断に必要な時は時間かかりますけどね。それは必要だからで無駄な話を延々するひとはイヤですね。かといって今日何の為に来たのか聞き出せないと適当に話を切る事もできないしね。

最近、外来呼び出しの際00さん、じゃなくて00様、と呼ぶところ増えてますよね。
私は嫌いです。まあ、患者様は病院経営にとっては大切なお客様なんだけどね。
(1年ちょっと民間病院に出てたときの病院経営の会議に毎週出させてもらってたのは、今とっても有意義です。大学病院では無駄多いですからね。)

で、何が言いたかったかというと、不要な話の多い人が自分の番が来て必ず言うことがあるの。
なんで、こんなに待たされるの?。って。
そりゃあ、あんたみたいなお客様がいるからですよ!って叫びたい!!。

しかし、、、風邪ひきさんの多いとき朝9時から3時過ぎまで食事も摂らずに診察するの、、、かなりしんどかったなあ。(昔のいい思い出w。最近は楽な外来しかしてませんので)
風邪の患者さんに先生風邪早く治して元気になってくださいね。って心配して頂いたりしてw。

この記事のトラックバックURL

http://mayuna.blog20.fc2.com/tb.php/113-56f0b329

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。